宇宙科学研究所

広報活動

研究成果が研究者コミュニティーの外へ伝わったとき、それらは人々の知の財産となります。研究者による広報?アウトリーチ活動を専門知識と技能をもって支援するのが、宇宙科学研究所の広報?アウトリーチ活動です。当所の広報?アウトリーチ活動は、世界水準の学術成果もわかりやすく社会に発信するため、所長の命を受けた広報?普及主幹を中心とした体制をとり、JAXA広報部と綿密に連携して活動しています。
また、広報?アウトリーチ活動の方針は外部委員を含む広報委員会の評価を受け、情報発信の質的改善に努めています。

プロジェクトの紹介や衛星の機体公開、研究成果の情報発信を目的とした説明会を開催する他、下記のアウトリーチ?地域連携事業も行っています。

宇宙科学講演と映画の会

宇宙科学の最先端を語る講演と当研究所が制作した映画を上映する会を、毎年設立記念日(4月14日)の頃に開催しています。

詳しい情報

特別公開

年に一度開催している特別公開では、多数の研究者が実験やデモンストレーション、ミニ講演、展示など工夫を凝らした活動紹介を繰り広げます。

詳しい情報

宇宙学校

子どもたちからのあらゆる質問に研究者が直接答え、時には一緒に考える「宇宙学校」を全国各地で開催しています。枚撮り、共催団体を募集し、各地に新たな宇宙学校のわくわく感を届けています。

詳しい情報

講師派遣

全国の様々なグループや学校からのご要望を受け、公開講座や講演会に当研究所の職員を派遣しています。

詳しい情報

パンフレット

当研究所の活動や様々なミッションなどを紹介する冊子を制作しています。

詳しい情報

イトカワ微粒子巡回展

小惑星探査機「はやぶさ」が2010年6月13日に地球に持ち帰った小惑星イトカワの微粒子を可能な限り多くの方にご覧いただくために、展示団体を募集しています。

詳しい情報

模型貸出し

企画展や報道関係者の皆様向けに展示品を貸出しております。是非、ご活用ください。

詳しい情報

パネル展

全国科学館連携協議会と協力し、展示パネルの貸出を行っています。希望館の募集が始まると、全国科学館連携協議会のウェブサイトに掲載されます。

詳しい情報

地域連携事業

宇宙科学研究所は住宅地が広がる政令指定都市?相模原市に位置する研究所であり、相模原キャンパスの存在そのものが地域資源となっています。

宇宙科学への理解を拡げ、宇宙に高い関心を寄せる地域のニーズに応えていけるよう、地元行政?地元大学?市立博物館?自治会?市民活動などと連携を図り、JAXAだけでは実現できない多様なイベントを実施しています。

相模原市立博物館との連携

相模原市立博物館とは特別公開での連携をはじめ、宇宙関連の企画展やイベントを多数実施しています。

  • JAXA×博物館 企画展
  • プラネタリウム番組制作
  • トークライブ、パブリックビューイング など

行政との連携

相模原市とさまざまな事業で協力しています(シティセールス、広報、教育委員会、生涯学習、高齢者福祉、環境政策、文化振興など)。

  • 「はやぶさの日」関連事業
  • あじさい大学 など

関連事業所での連携

JAXAの研究施設が縁で友好を深めている5市2町で構成される「銀河連邦」のイベントや交流事業にも協力しています。

  • のしろ銀河フェスティバル
  • 大樹町宇宙交流センターSORA など

地域活動との連携

自治会、公民館、市民活動などが主催する自主的な学びの事業への協力、地域のおまつり出展などイベントへの協力、地元コミュニティFMでの情報提供などを行っています。

  • 中央地区大人と子とも共に学ぶ宇宙教室
  • 各地区のふるさとまつり など
猫咪免费人成网站在线观看,两性午夜刺激性视频,7723影视大全在线观看